【マイスターの徒然日記】中古楽器屋という事。 – チバカン楽器

楽器を高く売るなら楽器高価買取専門店「チバカン楽器」へ

「チバカン楽器」 楽器高価買取専門店
今すぐ買取価格を知りたい場合はお電話ください

0120-954-550

[年中無休]電話受付10:00~22:00 WEB受付24時間受付中
チバカン楽器

楽器高価買取専門店 安心と信頼の鑑定団ブランド

今すぐ買取価格を知りたい場合はお電話ください

0120-954-550

[年中無休]電話受付10:00~22:00
WEB受付24時間受付中

【マイスターの徒然日記】中古楽器屋という事。

チバカン楽器 大崎です!

良くデジマートで販売をさせていただいているので日々お電話をいただきます。

『ロッドの残りは大丈夫ですか?』

『ガリは無いですか?』

『オクターブチューニングはしてから出荷できますか?』

マイスター【全部してから出品させていただいております】

中古楽器を扱うという事。

チバカン楽器はリサイクルショップでやらせていただいていますが楽器専門でやらせていただいておりますし

リペアマンも在中しております。

リサイクルショップなので 適当に弦交換して出しているのでは?

と思われていることがとても多いのですが

おそらくですが マイスター大崎が思うに

逆です。

むしろ こういうところでヴィンテージから今年のモデルまで販売するには

ナット交換、すり合わせは日々、何本もして リペアショップの様です。

どちらかというと まともなギターが入荷することという方が稀で

必チェックして直しからではないと売れないので整備してから販売しております。

通常のリペアショップくらいには作業していて

おそらく店舗にリペアマンのいない楽器売店よりは詳しいですし色々しています。

中古専門販売楽器店くらい品物も見て調べて査定しています。

 

↑一部資料。気が付いたらプレミアが付いている本も。

売る時の心理

でも、なぜほとんど壊れたギターばかりはいってくるのでしょうか?

まず、一般的な心理として普通の大手楽器店に 査定を持っていく理由は

「おそらく高く買い取ってくれるハズ」からだと思うのです。

問題なければ専門の大手楽器店へ持っていくと高く査定してくれる。と思っているのです。

その逆に壊れているとか、ずっと触っていなくてその自信がない場合は大手楽器店へ持っていくと

ちゃんとした査定をされる。

ちょっとでも駄目だと減額される。

わからないだろうリサイクルショップへ持っていく。

というのが心理です。

なのでこういうリサイクルショップのようなお店には

【故障しているから持っていく】

という心理が働きます。

おそらく。

実際に もちろん ワケわからないリサイクルショップも多くあります。

担当者がいなくてギター弾けない。とか。

実際 そういうリサイクルショップで見かける 陳列されたままの

お少し古めマーチンの高額ギターでネック起きをしていない物を見たことがありません。

というかちゃんとしていたら石橋楽器さんや下倉さんや黒澤さんやTC楽器さんへ持っていきますよ。

まぁ 楽器屋さんだとしても 担当者がちゃんとしていないお店は良い物を買い取れず 勝手に衰退撤退していく事でしょう。

本当に良い物を ちゃんとした値段で販売できない。

本当の価値を気が付かず販売しています。(ここがリサイクルショップ周りのよいところなのですが)

高く売ることが出来ない

つまり安く買いたたくしかできません。

高く買い取れない。

物がない

衰退していく。

となっていきます。

なので うちが目指して やっているところは大手とくらべると 大きな看板はありませんので

ちょっとした痛みは気にせずお客様から高く買い取る事でしか品物は集まりません。

つまり傷んでいても お客様が納得する金額でお買取りしているという事。

だから大量に日々デジマートへ 陳列することが出来ているのです。

良い楽器がたくさん置いてある

そんな大手の楽器屋さんではなく

それでもチバカン楽器をご指名いただいているのは たくさんのお客様のクチコミをいただいたり

マイスター大崎を始め、ギター製作専門学校を卒業したりしていたりバンドマンの経験のあるスタッフが在中し

接客させていただいているからかと思います。

その時に話をさせていただいている知識は私、マイスター大崎も稚拙ながら 過去の経験から得てきたもので

多少はございますのでエフェクター、ギター、アンプの改造もしたり 面白い過去を持っていたりするからです。

ただそこにおごらずに さらに良い楽器をお届けさせていただけるよう日々勉強し邁進していきます。

ここまでしていたら【中古楽器屋】と名乗って良いと思っております。

 

友だち追加

著者 マイスター大崎



チバカン楽器 代表

ESPミュージカルアカデミーギタークラフト科リペアコース卒業後 ヤマハミュージックトレーディング内にてMARSHALLの修理会社の門をたたく。

勉強不足を感じ退社後 ROLANDの修理会社にて10年間ほどアンプ、エフェクターの修理業に従事。

退社後 地元の大型複合リサイクルショップ【千葉鑑定団】へ入社。店長を経験後 楽器専門【チバカン楽器】を立ちあげ今に至る。

愛機はFender TelecasterBass1969 、Chaki ウッドベース、

他ジャパンヴィンテージのギターを多数所持。趣味は【H2Y Labolatory】名義でエフェクターの改造や製作をしている。

電線や古いコンデンサー好きで特にオイルコンデンサーの匂いが好き。エロくて変態ということはベーシストの特徴。

-